トップ 会社概要 不動産流通革命 買取専門 リフォーム メールマガジン お問い合わせ


成功する売却方法

当社には、買取保証制度があります
ありがとうございます。

私たちは売主さまのために物件をとにかく高く売ります!
と言ってしまうとカッコいいのですが、買主さまは、格安の物件を探しています…。
それでも高く売りたいですか?
良い方法があります。
当社が売主さまから高く買取して、買主さまに格安で買っていただければいいのです。
すいません…。そんなことできません。倒産してしまいます。

売主さんと買主さんの想いは常に反比例です。
しかも、買主さんは『世の中に不動産の掘り出し物なんて無い』と解っているものの、どこかに最高の条件の物件とめぐり逢えるかも知れないと期待してしまうものです。
そんな私も自宅を買うとき、同じ状態になってしまいました。
だから、成功する売り方なんて無理です。
なんて、言っちゃうと話が終わってしまいますので、ここで最高に高く売るための方法を教えますね。

皆さんも私たちもですが、自分にとって最高の売却をしたいと願うものです。

私が今、不動産流通の意味が解っていなければ、『私が高く売ります』と言っているでしょう。しかし、包み隠さず言うと、売主さまの高く売りたい!という願いよりも買手さまの安く買いたいっ!の想いのほうが100倍強いのです。というか、シビアなのです。
今の状況から不動産が半額になることはありませんが、買い替えが困難な時代です。
住宅ローンの支払いも心配、少子化、高年齢化、核家族化どころか“一生独身族”が増え続けている時代です。人口も2005年以降をピークにどんどん人口が減っていきます。

いろいろな解釈はありますが、買うリスクの方が圧倒的に大きいのです。
それを、『高く売ってくれる不動産屋を探す』『あの不動産屋は高く売ると言っていた』と自分にとって都合の良さそうなことを考えてしまいます。
これは間違いですね。

売主さまは『私だけがこの世で一番高く売る』と思ってしまい、結局うまくいかないのです。それを他社と競合させたり、条件を付けてみたりして“営業マンや販売を頼んでいる会社とうまく交渉しているつもり”になってしまうのです。
これでは、うまく行かなくて当然ですよ。

『なんや?人を中傷するんか?』なんて思わないでくださいね。これを読んでいただき、少しでも理解いただき、わかりにくい不動産市場を何とか透明感のあるものに変えたいのです。実際に納得して売れたという売主さまはこのページなど見ないでしょう。
現在売却しているが売れない…。という方、あるいは今から売ろうと思っている方、もしくは、そんなことできるのか?なんて思う方は興味深々の方だと思います。

断っておきますが、何も考えずに売れてしまった。特に苦労した経験が無い人も、やはりいるのです。しかし、心配しないでください。あっ、という間に売れた方は、立地が最高によかったか誰もが気に入る条件だったのです。その為、スムーズに売れたのです。

しかし、そんな運や条件に任せていては、宝くじを当てるようなものです。
簡単に高く売れるなんて考えは捨ててしまいましょう。

それでは、どうすれば良いのか?
売れない方のポイントは、相場と売り出し価格がズレてしまっています。そして、高く売れないかな〜と運まかせだからです。
じっくりと営業マンの話を聞かないまま、売り出しに入ってしまった。とか、とりあえずやってみないとわかりませんなどと言われて任せてる。なんてことを言っているから売れないのです。

どんな関係があるの?そう思います?それでは、解説していきましょう。

我々仲介業者は、売主さまの物件を売らせていただき仲介手数料を頂戴しております。ズバズバと意見を言って、売主さまに怒られでもしたら、売る物件が少なくなってしまいます。その為、売主さまにほんとうに大切な『売れない理由』をオブラートに包んでしまいます。そして、売れる時期を逃してしまうのです。仮に、仲介手数料など関係なく、相場や市場を理解しているプロがいたとします。そのプロから『売れない理由は、○○○です。だから、こうしなさい!』とアドバイスされたとします。

『しっかりした営業マンだ。』と思った方、その物件は売れるでしょう。

しかし、『何を言っているんだ。そこを高く売るのが営業の役目じゃないか。』なんて言った方、その物件はタイミングを逃すとかなり苦戦しますよ。

その為に、次のことをちゃんと理解してください。

営業マンと信頼関係を作る、これに尽きます!営業マンも人間です。
販売システムの一部ではありませんので、売却がうまく行かなくて悩んでいる売主さんは、よ〜く読んでください。

 
だらしなくて、適当な営業マン。そして、嘘をついたり、だまそうとしている営業マンは山ほどいます。それは次元が違い過ぎるので、モラルについてはご自身でご判断ください。悪しからず…。
さて、そろそろ、高く売るための『チェックポイント』をお伝えします。

◎その依頼している営業マンは、どのような動きで売却をしているか売主さんは把握してますか?
   NO!なら、すぐに確認しましょう。
  営業マンはどんな売り方をするといってますか?
  ちゃんと納得のいく説明を受けてますか?

◎その信頼できる営業マンは、物件のことをどれくらい把握してますか ?
   NO!なら、すぐに販売会社を変えましょう。
  知ってもないのにどうやって売るのですか?
  どうやってお客さまにすすめるのですか?
  でも、これを徹底しない営業さん。結構いるんですよね…。

◎売主さんから見た営業マンは好印象ですか?この人なら売れるだろうと思いますか?
   NO!なら、すぐに断りましょう。
  売主さまから見た第一印象が、買手さまの第一印象です。

◎その営業マンは売れない理由を売主さんに伝えることができてますか?
   NO!なら、すぐになぜ考えないのか確認しましょう。
  営業マンはプロのはず、状況を把握できていない営業マンは絶対、売れません!

◎その営業マンはこうすれば1ヶ月以内に売れます。というような納得の行く報告をしてますか?
   NO!なら、断りましょう。
  これも上記と同じです。話になりません。

◎売主さんは、営業マンの人格を認めていますか?大事にしてますか?
   NO!なら、やっぱり断りましょう!
  お互い不幸になります。絶対に不愉快な結末になります!
  大切な資産です。断ることも必要です。信頼できる営業に任せて徹底的に話を聞いてください。

◎売主さんは、正直な話を営業マンにしていていますか?
   NO!なら、すぐにやめるべきです。
  単なる営業マンなんて思いながら大切な資産を売却してもらうなんて、
  営業マンも人の子です。かけ引きなどせず、正直に伝えましょう。

◎売ってくれれば誰でもいいや!なんて思ってませんか?
   YES!なら、これははっきり言って大きな間違いです。
  誰かが売ってくれればと思っていると誰も売ってくれません。
  売り物件はこれからもどんどん増えていきます。
  必死でしないと売れない時期です。ほんとのことです。ご理解ください。

◎売主さんは、営業マンからも信頼されてますか?
   YES!なら、あなたは営業マンの行動を見守るだけ、上記の項目が全てOKなら絶対に売れます。

全部OKなのに売れない場合…。
もっと話し合うべきです。営業マンを前にしてはっきりと言えないなんて事ありませんか?それも違うなら、よほど売れない会社か、実際にはち ゃんと動いていない会社ですね。
事態をしっかり説明し、すぐ媒介契約を中止してもらいましょう。
(但し、上記のことをしっかりチェックした売主さまである場合のみですよ。)

勘違いしないでくださいね。仲介業者が自分の有利な状態に持っていこうとしているのではありません。

 不動産取引は今も昔も“ 人間業+情報業+提案業 ”なのです。
 
結果はひとつしかないのに、みな遠回りしてしまうのです。
確かに不動産屋さんで、売上が伸びている会社は、詐欺師のごとく口説き落として売上を上げているところと、しっかりと市場を把握していて的確に動いてくれる会社があります。
そして、売れない不動産屋さんは、のらりくらりして、お客さんだと思う人だけ『良い顔』をしたり、不景気のせいにしたり、何かのせいにして動こうとしません。
これじゃダメですね。これはすぐ依頼会社を変えるべきです。

しかし、我々不動産業者から言わせていただくと、売主さんもいい加減な人が多いのです。高く売れたら売ってもいいなどといって依頼してみるのですが、実際買手さまが付いた時、もっと高く売りたいなどと言い出すのです。それでは、営業マンもたまったものではなく、当然、『モラル』とはなにかということになってしまいます。そんな時、売主さんは知人や別の業者に行って『あの会社は最悪だ!俺に文句を言ってきた。俺は売主やぞ!』などと噂を立てるのです。
新しく依頼を受けた会社は、売り物件が欲しいので、また売主さんの言いなりになってしまい、また同じ事を繰り返します。私も昔、この手の売主さまを担当したのですが、最後は別の会社で契約に至ったらしいのですが、強引な業者に売らされた訴えたいのだがどうしたらいい?なんて質問をされてしまいました。利己的な考え方しかできないので、どんな結果になろうと『失敗した』と思ってしまうのでしょう。
ただ、売主さまも買主さまも不動産の営業マンもほとんど良い人ばかりです。
一部の心ない方々のために閉鎖的で不透明感が出てしまうのです。

そして、私たち阪口不動産株式会社は不動産業界のレベルアップと目的意識の向上を図ることを使命と考えます。そして、業界の名を汚す業者さんが淘汰せざるを得ないところまで、私たちの能力を上げて行きたいと考えます。

しかし、営業マンの気持ちを理解して『しっかり売ってよ!』というコミュニケーションの姿勢も大切だと言うことです。

私は、住宅を幸せになるための手段と考えます。後味が悪かったり、生活を阻害するトラブルなどあってはならないと思っております。

それをしないために、売主さまの代行をしている営業マンとのコミュニケーションがとても大切であると考えます。
私たち阪口不動産株式会社は、社員全体のスキルアップと人格形成に力を入れております。

お客様に『ここへ来て良かった!』と思っていただける会社づくりを日々努力し続けます。

 

長い長い文章でしたが、読んでいただきありがとうございました。
社員一同、心よりお待ちしております。


阪口不動産株式会社
代表取締役 阪口宗己


24時間以内にご連絡いたします。
(但し、水曜日定休)


当社独自の売却システムがございます。
詳しくは訪問させていただいて、ご説明させていただきます。


人材募集 個人売買サポートシステム 成功する売却方法 ブログ 掲示板(質問・相談) 建築サイト